お金を借りる男

お金を借りる男

無職で貯金も底をつき家賃が払えず友達からお金を借りる

まず初めに初めにお伝えしたいのは、友達にお金を借りる事は、出来る限り避けた方が良いという事です。 確かにどうしても必要だという状況は有ると思います。しかし私の体験を踏まえ、私個人の考えを申しますと、決して友達にお金を借りる事はお勧めできません。 私は以前何年か勤めた会社を退職し、次の仕事が見つかるまでと貯金を頼りに暫く無職でいた時が有りました。 仕事を辞めて1ヶ月くらいは、とりあえずバイトの面接に....

≫続きを読む

一発ドカンと当てて借りたお金を返そうと

ろくに働きにも出ず、賭博や宝くじで一発ドカンと当てて借りたお金を返そうという発想は、本来なら間違いなのである。 お金を返すためにお金を使ってしまっては、ほとんどの場合マイナスにしかならず、余計に追い込まれる一方なのは目に見えている。 私は当時、諸々の事情で親に頭を下げて、10万円近くもの大金を借りていた。 地道に働けば返せる額ではあるのだが、諸々の事情を抱えていた当時はそれが叶わず、手持ちの衣類や....

≫続きを読む

病気で仕事ができず無職に!働けないから借りるしかなかった

まだ20代の頃の話です。 胃潰瘍を発症してしまい、普通通りの仕事が続けられずに退職となりました。 その後、3,4年に渡って入退院を繰り返している内に、在職中に溜めた貯金が乏しくなり、ついにはお金を借り、結局、5百万以上も借金を背負ってしまって家庭崩壊寸前まで追い詰められました。 病気の原因は未だに不明なのですが、こうなった事の主たる原因は、自分の認識の甘さにあると思っています。....

≫続きを読む

財布を失くして無一文に!どうしようもないので借りることに

ちょっと古い話ですが、学生時代の頃のことです。二食付の学生下宿には10人住んでいました。みな同じ大学へ通っていたので仲良くやっていました。 私は親が節約して無理をして東京へ出してもらいました。家は決して余裕のある生活ではありませんでした。 普段はバイトをするなと親から言われていたものですから、夏休み・冬休みにしかバイトはしませんでした。   間抜けなことですが、新宿へ飲みに行ったときに財布を失って....

≫続きを読む

無職でお金がない 交通違反の反則金が払えない

私は二十歳を超えてから普通自動車免許を取得したのですが、バイクにまたがれることを誇りに思い、楽しんで、ついには調子に乗っていました。 バイクに乗って調子に乗るなんて本当に青かったのです。場所は甲州街道。新宿の長いトンネルです。 信号が赤から青に変わった瞬間フルスロットルで飛び出します。 トンネルに入って3秒でウゥウーとサイレンが鳴り、前のバイク、トンネルを抜けたら止まりなさいとアナウンスが入ります....

≫続きを読む

生活費が足りない 無審査でお金を貸してくれる所から借りる

それは私が大学に通っていた頃の話です。 私は普段からその日暮らしの生活を続けていて、アルバイトなども無断欠勤などを繰り返してクビになることを繰り返していて、毎日親の仕送りで豪遊するなどの自堕落な毎日を送っていました。 お金が足りなくなると大学の親友Aにお金を借りてその場を乗りきっていました。 しかし親友Aからお金を借りて返済の期限が過ぎても、なぜか親友Aはお金を返してくれとは一言も言いません。....

≫続きを読む

お金を借りる無職 風俗嬢でも借りれる

24歳頃、当時付き合っていた彼女に合計500万円くらい借りました。 ブランド物の服、財布、鞄、時計を買って、高級レストランで飯食って、車はBMWをローンで買って乗ってました。 彼女は風俗で働いていたので同じ年代の子に比べたら羽振りはよくて、何だかんだで2年くらいで合計500万円くらい借りました。貯金だったのか他から借りたのかわかりませんが・・・。 そんな感じで自分の収入を超える浪費を続けて、最後の....

≫続きを読む


このページの先頭へ